あなたはどれだけ基準にこだわりを持っていますか?

2018.11.30

 

今日は

「判断基準」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

1こだわりが一番強い経営者は

2PCの発表会の前日

3ビジネスパーソンの判断基準

 

 

「こだわりの強い経営者」

と聞いて誰を想像しますか?

 

 

「経営者はこだわりが強い人が多い」

と思いますが・・・

 

 

中でも

「スティーブ・ジョブズ」

のこだわりは強いですね。

 

 

こんなエピソードがありました。

 

 

「iMacの発表会の前日」

です。

 

 

翌日の

「プレゼンテーションの準備」

を念入りに行っています。

 

 

色鮮やかな

iMac

がカーテンの向こうに並んでいます。

 

 

ジョブズの合図で

「カーテンが開き照明が当たる」

という演出です。

 

 

この

「照明が当たるタイミング」

でなかなかOKが出なかったようです。

 

 

もっと照明を強くするように

もっとタイミングを早くするように

と何度も指示を出します。

 

 

そして

「やり直してはまた指示を出す」

ということを繰り返していました。

 

 

ズレたところで

「わずかな差」

でしかないでしょう。

 

 

しかし徹底的にこだわります。

 

 

そして発表会当日。

 

 

iMacがお披露目されたとき

「最高の演出」

がそこにはあったとのことです。

 

 

もしジョブズが

「そこそこのもの」

を受け入れていたらどうでしょうか?

 

そこまで

「iMacにインパクト」

はなかったかもしれません。

 

 

そして

「数々のヒット商品は生まれていなかった」

と言えると思います。

 

 

ビジネスパーソンは

あるべき姿

ありたい姿

を必ず持っていると思います。

 

 

にもかかわらず自分に対して

「そこそこ」

で手を打ってしまっている人はどれほどいるでしょうか?

 

 

そしてお客様にも

そこそこの準備

そこそこの提案

をしている人もいるのではないでしょうか?

 

 

結局

「最後の判断基準」

は自分自身です。

 

 

自分がどうしたいのか

お客様にどうなって欲しいのか

これは誰かが決めることではないと思います。

 

 

あなたはどれだけ基準にこだわりを持っていますか?

 

 

今日は

「判断基準」

というテーマに触れてみました。

 

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー