いつでもどこでも「超簡単」脳を鍛える方法

2017.12.03

 

今日は

「脳トレ」

というテーマに触れてみます。

 

 

まずご質問です。

 

「足を速くする」

そのためにはどうしたらよいでしょうか?

 

「腹筋を鍛える」

その場合はどうしたらよいでしょうか?

 

 

それは

「トレーニング」

をすればよいですね。

 

方法はいろいろあると思います。

 

 

ただ

「筋肉を鍛える」

ということ継続的に行えば

「必ず実現」

されます。

 

 

 

では

「数学に強くなる」

ためにはどうすればよいか?

 

「英語を覚える」

ためにはどうしたらよいでしょうか?

 

 

「勉強をする」

ということになるでしょうか?

 

これはこうとも言い換えられます

「脳をトレーニングする」

 

 

脳科学者が

脳は鍛えれば発達する」

ということを発見をしています。

 

 

英語を毎日トレーニングする

⇒英語に強い脳

 

数学を毎日トレーニングする

⇒数学に強い脳

 

になるのは想像できます。

 

 

こんなことも証明されているようです

 

心配事ばかりしている

⇒心配しやすい脳

 

繰り返し集中する

⇒集中しやすい脳

 

 

筋肉がトレーニングによってたくましくなる

 

それと同様に

「脳もトレーニング」

出来るということです。

 

 

神経科学者の発見によれば

注意力

集中力

ストレス管理

衝動の抑制

自己認識

 

これらが簡単に鍛えられる方法があるとのことです。

それを見てみましょう。

 

 

①動かずにじっと座る

クッションの上に胡坐をかく

椅子に座って足の裏をピッタリ床につける

 

 

②呼吸に意識を集中する

目を閉じます。

息を吸うときに「吸って」

息を吐くときに「吐いて」

と心の中で言います。

 

 

③吸って吐いてを言うのを止める

数分経ったら心の中で言うのを止めます。

呼吸をしているときの感覚だけに集中します。

 

これを5分くらい続けます。

 

 

これを毎日行うと

「脳が強化される」

という実験結果が出ているようです。

 

実際に脳の物質量が変化したという研究があります。

 

 

家でもオフィスでも簡単にできそうです。

 

脳のトレーニング

というと堅苦しいので

 

リラックス法の1つ

くらいに取り組んでみるのも良いかもしれません。

 

 

今日は

「脳トレ」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー