クイズ「レストランのサービスを定額制にしてください」

2018.04.07

 

今日は

「定額サービス」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

少し前ですが

「1ヶ月 3,000円で飲み放題」

というサービスを始めた居酒屋が話題になりました。

 

 

「月額定額サービス」

というものです。

 

 

サービス業の中では

「定額サービス」

「使い放題」

というものが結構あります。

 

 

例えば

 

携帯電話の

「通話し放題」

というサービスがあります。

 

 

レンタカーの

「乗り放題」

というものもあります。

 

 

アパレル関係でも

「バッグ借り放題」

というようなサービスがあります。

 

 

このようなサービスは

「お客様側に大きなメリット」

があります。

 

 

一番は

「料金を気にせず使い続けられる」

というものでしょう。

 

 

海外では

「飛行機乗り放題」

なんていうサービスもあります。

 

 

では

「企業側のメリット」

はなんでしょうか?

 

 

一番は

「固定的な売上を確保できる」

という点にあると思います。

 

 

例えば

「ランチ限定 1ヶ月定額」

というサービスを始めたとします。

 

 

「15,000円」

で販売したとします。

 

仮に

「50人会員可」

できたとしたら

 

「750,000円」

の固定売上になります。

 

 

これで

「家賃などの固定費」

をまかなっていければ経営はラクになりそうです。

 

 

 

「ランチ市場」

に限定すれば狭い商圏での戦いとなります。

 

そこでは

「会員化のチャンス」

というのは大きいかもしれません。

 

 

意外とランチで

「同じお店に行く人」

は多いと思います。

 

 

ランチ会員限定

「ダイエットサポートコース」

「メタボ対策コース」

と企画があっても面白いかもしれません。

 

 

1ヶ月続ければ

「〇〇〇の効果が期待できる」

という打ち出しもできそうです。

 

 

上記はちょっとしたアイデアなので

「上手くいくか検証が必要」

ではありますが、企画としてはありだと思います。

 

 

 

ここ1つご質問です。

 

ご自身のビジネスで

「定額制/使い放題」

にできるものはあるでしょうか?

 

 

「自分たちのビジネスではできない」

と決めつけずに考えてみると良いと思います。

 

 

例えば

「ITのシステムビジネス」

は定額制など考えられませんでした。

 

 

しかし今は

「クラウドサービス」

として定額制が主流となっています。

 

 

このように

「どんなビジネスでも機会はある」

と考えられます。

 

 

ボリュームを広げていくには

定額制

従量制

これらを組み合わせるのが良いかもしれないですね。

 

 

もしあなたのビジネスを定額制にできるとしたら?

 

 

という視点で一度

「新しいサービス」

を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

今日は

「定額ビジネス」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー