ストレスがたまる年末に向けて「ビジネス呼吸法」

2017.11.17

 

今日は

「呼吸法」

というテーマに触れてみました。

 

 

今年ももうあと1か月ちょっとで終わりですね。

あっという間という人が多いと思います。

 

 

また私の周りでも

急激な気温の変化

年末に向けての疲労の蓄積

から体調を崩している人が目立つようになりました。

 

みなさんはいかがでしょうか?

 

 

こういう時期だからこそ

「リラックスした状態で仕事に臨む」

ということが大切です。

 

 

そこで今日は教えてもらった

「ビジネス呼吸法」

をご紹介いたします。

 

 

座ったままで、簡単にできる呼吸法です。

ぜひ一緒にやってみてください。

 

 

1 リラックスした状態で背筋を伸ばして座る

2 目を閉じる

3 親指と人差し指でつまんで鼻の穴をふさぐ

4 右の鼻の指を離す

5 右の鼻の穴だけで4秒吸い込む

6 右の鼻の穴だけで4秒息をはく

7 また2本の指で鼻の穴をふさぐ

8 左の鼻の指だけを離す

9 左の鼻の穴だけで4秒吸い込む

10   左の鼻の穴だけで4秒息を吐く

11 2本の指で鼻の穴をふさぐ

これを10セット繰り返す。

 

 

というものです。

家でもオフィスでもどこでもできます。

 

 

「右鼻呼吸」は

左脳を刺激する

交感神経を刺激する

 

「左鼻呼吸」は

右脳を刺激する

副交感神経を刺激する

 

という効果があるそうです。

 

 

両方の鼻から交互に呼吸をすることで

「自律神経のバランスが整う」

とのことです。

 

 

私もやってみましたが、スッキリしました。

皆さんも1度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

さて、ビジネスマンの仕事のストレスランキング

という記事がありました。(マイナビニュース参照)

 

それはこんな結果でした。

 

1位 結果だけを求められる

2位 努力を認めてもらえない

3位 上司にいいように使われる

 

 

またストレス解消法のランキングでは

1位 お酒

2位 寝る

3位 入浴

というものでした。

 

 

ストレスがないというのが一番ですが、

「ビジネス=対人関係」

である以上

「無くす」

というのは難しいのかもしれません。

 

 

そこで大切なのは

「自分にとってのリラックス法」

というのを持っておくと良いと思います。

 

 

スポーツの世界で言われる

「ルーティーン」

と置き換えることもできます。

 

 

大切なのは

「科学的な根拠があるかどうか」

ではなく

 

「リセットできる場所があるかどうか」

「スイッチを入れる場所があるかどうか」

が重要です。

 

 

手のマッサージ

30秒間の背伸び

天井を見つめる

何でもいいと思います。

 

意識的に習慣を変えることで

「意志力」

が高まるというのは行動科学で証明されていることですからね。

 

 

自分の目の前にあらわれるビジネスパーソンが

A「疲れた感じの人」「覇気のない人」

B「元気な人」

だったら、どちらが良いですか?

言うまでもないですよね。

 

 

「第一印象を整える」

ことはビジネスパーソンにとって非常に重要です。

その印象はその後、中々変えることはできませんからね。

 

 

「自分にとってのリラックス法」

を見つけてみてください。

 

 

今日は

「呼吸法」

について触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー