ビジネスでもスポーツでも勝てない人の考え方「〇〇〇〇」

2020.02.18

 

それではあなたは勝てない人のまま

 

今日は
「勝ち」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①昭和の時代に見かけた夜の風景

②勝つ仕事と負けない仕事

③「もったいない」簡単なのにやらないなんて

 

 

■昭和の時代に見かけた夜の風景

 

30年ほど前は
「プロ野球のナイター中継」
が連日されていました。

 

「多くのお父さんたち」
は食事をしながら観るという姿が、ドラマやアニメでも表現されていました。

 

 

そして贔屓のチームが勝つと
「お父さんはご機嫌」
になります。

 

しかし負けてしまうと
「不機嫌で家族にあたる」
という理不尽な光景がありました。

 

 

あなたは
「贔屓にしているプロスポーツチーム」
がありますか?

 

もしあれば
「勝ったらうれしい」
と思います。

 

 

この嬉しさは
「思い入れの量と比例する」
ものではないでしょうか?

 

 

サッカーのサポーターからは
「週末の試合で勝てば、翌週は気分よく過ごせる」
と聞きます。

 

このように
「勝利」
というのは人の行動に直接関係がありそうです。

 

 

■勝つ仕事と負けない仕事

 

この心理メカニズムを活用すれば
「ビジネス」
も前向きに進められます。

 

 

ではどうしたらよいでしょうか

 

それは単純に
「勝つ」
を積み上げていくだけです。

 

とはいっても
「相手があることだから勝ち続けるのは難しい」
と思うかもしれません。

 

 

ただ、ビジネスの勝利というのはどういうものでしょうか?

 

なにも
「最終結果」
だけではありません。

 

 

・利益が出た

・売上が達成した

これだけではないでしょう。

 

 

営業であれば
「そのために必要な行動」
を積み上げていく必要があります。

 

「訪問数」

「提案数」

「案件創出数」

「見積提出数」

などがあります。

 

 

これらは
「自分で設定できる目標」
です。

 

そして
「自分自身の行動で達成できる目標」
です。

 

この目標に対して
「勝ち」
を積み上げていけば良いのではないでしょうか?

 

 

しかし多くのビジネスパーソンは
「負けない試合」
をやろうとすることが多いのではないでしょうか?

 

お客さんから言われたこと

上司から指示されたこと

 

これらをこなす毎日を過ごしてはいないでしょうか?

 

 

もしかしたら
「仕事とはそういうものでしょう?」
とすら思っている人もいるかもしれません。

 

指示や依頼がなければ動かない人はそうかもしれません。

 

これは与えられた状況に
「負けないようにしよう」
という戦い方です。

 

 

スポーツの試合で
「勝とう!」
というチームと

 

「負けないようにしよう」
というチームではどちらが強そうですか?

 

 

■「もったいない」簡単なのにやろうとしないなんて

 

多くのビジネスパーソンは
「勝ちの心理メカニズム」
を利用していません。

 

自分にある指標は
「結果目標」
だけです。

 

これでは残念ながら
「人の行動」
は生まれません

 

行動が生まれなければ
「結果」
は出ません。

 

 

でも、結果だけ求めていませんか?

そして、それに苦しんでいませんか?

 

行動が生まれない理由は
「意志力」
ではありません。

 

「まず行動が創られる環境にない」
ということです。

 

その環境では
「脳が動かない」
という選択を自動的にしています。

 

 

まずは
「勝っている」
と実感できる環境を作ることです。

 

そうすれば
「モチベーションのスイッチ」
は勝手に入ります。

 

これが脳のメカニズムです。

 

こんな簡単なことをやらないのは
「もったいない」
と思いませんか?

 

 

 

私の提唱する行動創造理論では
「文字通り行動を創り出す仕組み」
を整えてます。

 

例えば、企業研修で必ず入れている
「行動創造3枚のシート」
というプログラムがあります。

 

たった3枚のシートを作成すれば
「全員の行動」
を創り出すことができます。

 

 

これまで6,000人を超えるビジネスパーソンの
「行動変革」
を実現してきました。

 

一度触れてみれば効果が実感できると思います。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

これらの数多くの研究や知見を「ビジネスにおける行動」
に体系的に落とし込んだものです。

それを身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「売上に繋がる研修を実施したい」
「確実にスキルが上がる研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムですね。

 

ビジネスで成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動に合わせ考えてあげればよいだけです。

 

このようなプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「勝ち」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー