店舗ビジネス「待ちから攻めへ」成功の2つのポイント

2018.07.28

 

今日は

「待ち⇒攻め」

というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

私たちが生活している間には

メールマガジン

アプリ広告

ダイレクトメール

これらの手段によって

 

 

「たくさんの広告」

が届けられる日々を送っています。

 

 

今日はその

「成否」

ではなく

 

「中身」

を見ていきたいと思います。

 

 

特に

「店舗型ビジネス」

の広告についてみていきましょう。

 

 

店舗型ビジネスは

飲食店

エステ

美容院

このあたりでしょうか?

 

 

店舗型のビジネスの特徴は

「待ちスタイル」

が基本です。

 

 

オーナーが

交流会

経営者会

等に出るのは営業の側面もあると思いますが、基本は待ちですね。

 

 

 

そこで

「お店に行く理由を提案する」

とすれば姿勢が変わります。

 

 

提案ですから待ちから

「攻め」

になるということです。

 

 

「積極的にお客さんが来る理由」

を作っていくことです。

 

 

ここには

「アイデア」

が求められます。

 

 

どんな理由があるでしょうか?

 

 

前述の広告は

「割引クーポン」

がほとんどだと思います。

 

 

それ以外には何かないでしょうか?

 

 

これまでに見たものを上げていきましょう。

 

 

焼きたてパン

焼きたてマドレーヌ

このように出来立て商品を届ける企画

 

 

お客様のイベントである

「誕生日会の開催」

 

 

一人ではできないことを

「みんなでやる企画」

 

 

プロの技術を教える

「講座の開催」

 

 

点ではなく面で考える

「近くの施設との連携」

 

 

店舗コンセプトに適した

「マイクロシアターの放映」

 

 

ホテルでの

「近隣案内コンシェルジュプラン」

 

 

上げていけばキリがないですね。

 

 

ただ

「キリがないほど方策はある」

ということです。

 

 

成功する方策の

「ポイントは2つ」

です。

 

 

1 お客様自身も気づいていない理由

2 ただ自分が対象だと明確にわかる

この2点です。

 

 

簡単に想像できる範囲だと

「驚きがなく動機になりにくい」

 

全く想像できないと

「よくわからないから動機になりにくい」

 

ということです。

 

 

週末、街を歩けば

「たくさんのヒント」

があふれています。

 

 

毎日届く

「広告メッセージ」

にもヒントはあるかもしれません。

 

 

視点を変えれば

「たくさんの気づき」

が作られることでしょう。

 

 

今日は店舗ビジネスの

「待ち⇒攻め」

というテーマに触れてみました。

 

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

 

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー