想像するだけでうまく行く!?イメージトレーニングの有効性はセールスでも…

2021.03.13

 

イメージだけでうまく行くなら誰でも出来るはず!!

 

 

今日は
「イメージトレーニングの有効性」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

 

<index>

①イメージトレーニングは本当に効果があるのか?

②イメージは肉体までもコントロールすることが明らかに!

③営業でも想像すればうまく行くはずだが…

 

 

■イメージトレーニングは本当に効果があるのか?

 

 

あなたも
「イメージトレーニング」
の存在はご存じだと思います。

 

 

では
「イメージトレーニングの効果」
がどれほどのものかご存知でしょうか?

 

 

スポーツをやられる方、やられていた方は想像つくかもしれません。

 

 

イメージトレーニングの効果にまつわる研究があります。

人の成長や変化に影響があるかを明確にした研究です。

 

 

オーストラリアの心理学者アラン・リチャードソンの
「バスケットボールのフリースロー」
の研究です。

 

 

アランは学生たちを3つのグループに分けました。

 

 

フリースローの上達のために
「20日間」
異なる行動をとってもらいました。

 

 

Aグループ 実際に投げる練習を20日行う

Bグループ 20日間全く練習しない

Cグループ 20日間イメージトレーニングだけを行う

 

 

20日後にどれだけ
「フリースローの成功率」
が変わったかを見てみました。

 

 

どのような結果になったか想像してみてください。

 

 

A 24%

B 変わらず

C 23%

 

 

イメージトレーニングは
「実際に練習したのと変わらない効果」
が出ました。

 

 

バスケットに限らず
「ダーツ」
を使った実験でも同様の結果が出ました。

 

 

アランの実験で
「イメージトレーニングの効果」
が科学的に証明されました。

 

 

■イメージは肉体までもコントロールすることが明らかに!

 

イメージというのは
「肉体をもコントロールする」
ということが証明されています。

 

 

別の例で考えてみましょう。

 

 

「野球のセンターのポジション」
で考えてみます。

 

 

ピッチャーが投げて、バッターがバットを振ります。

センター方向にフライが上がりました。

 

 

センターの選手は、ボールが落ちてくる位置に移動し捕球の準備に入ります

 

 

センターの選手は
「ボールをキャッチする準備」
にどれだけの情報を処理しているでしょうか?

 

 

スタジアムの風や湿度

ボールを打った時のバットの音

ピッチャーの投げ方

これまでの対戦成績

バッターの最近の打ち方

ピッチャーの最近の成績

バットにはじかれたときのスピード

ボールの方向

ボールの回転

ボールの角度

落ちる角度

センターが走るスピード

フェンスに激突するリスク

 

 

キリがありません…

 

 

ボールを捕球するのに
多くの「情報を瞬時に処理している」
わけです。

 

 

ただしセンターの選手は、実際には考えていないでしょう。

 

 

ボールを捕球する選手の脳の中では
「ボールをキャッチするイメージ」
だけが浮かんでいるはず

 

 

もし1つずつ処理をしていたら、ランニングホームラン確定です。

 

 

 

ゴルフのパット

サッカーのシュート

テニスのスマッシュ

 

 

どんなスポーツでも同じことが言えるでしょう。

 

 

■営業でも想像すればうまく行くはずだが…

 

 

イメージの力は
「ビジネス」
でも同様に発揮されます。

 

 

営業においても
「イメージの力」
は活用できます。

 

 

自分の目標が達成されている姿

お客様に提案が採用された姿

お客様があなたの商品で課題を解決している姿

 

 

商談前に想像しているでしょうか?

 

 

想像することができなければ
「達成することは困難」
かもしれません。

 

 

なぜならば行動のメカニズムから考えても
「想像がなければ行動が創られない」
からです。

 

 

あなたが旅行に行くとき
「楽しい姿」
を想像すると思います。

 

 

もし楽しい良港を想像できなければ、どうしますか?

恐らく旅行は取りやめるでしょう。

 

 

ビジネスでも同じです。

 

 

「想像は肉体をもコントロールする」
ことが科学的に証明されているわけですからね。

 

 

自己啓発セミナーでも
「目標は紙に書くだけで叶う」
ということが伝えられています。

 

 

決してスピリチュアルの世界の話ではありません。

 

 

脳はイメージしたものを現実にするために
「必要な情報だけを集める優秀な器官」
です。

 

 

営業でもお客様と直接商談している際に
「必要な情報をキャッチ」
出来ているために、商談がうまく行くということです。

 

 

ただし
「オンライン営業」
になってからは、うまく行かないかもしれません。

 

 

上手くいかない理由は
「営業がキャッチできる情報」
が極端に少なくなっているからです。

 

 

オンラインになると
「非言語情報」
は伝わりにくくなります。

 

 

熱量

温度

息遣い

姿勢

 

 

優秀な営業は
「お客様の状態を敏感に察知」
して、商談の展開を次々に変えていました。

 

 

しかしリモート環境になると
「感じられる情報が極端に減る」
という状態です。

 

 

どうしたらよいかわからなくなってしまうということです。

 

 

オンライン営業では
「より科学的なアプローチ」
が求められます。

 

 

感覚だけでやってきた営業は苦戦をするでしょう。

 

 

幸いにも
「正しいオンライン営業の技術」
を言うのはいち早く確立がされました。

 

 

私の提唱している
「行動創造理論」
に基づいた、正しいオンライン営業の技術です。

 

成約率が50%以上改善した

新規案件が突然10倍に増えた

たった1か月で売上が4.6倍にもなった

 

 

このプログラムに触れた営業チームは、こんな成果を残しています。

無料プログラムがあるので、ご興味ある方はご覧いただくとよいかもしれません。

 

 

今日の記事の
「イメージの力」
もふんだんに取り入れられています。

 

 

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

上記の数多くの研究や知見を「営業行動」に体系的に落とし込んだものです。

行動変革スキルを身につけ、売上が飛躍的に伸びるプログラムです。

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「もっと売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムです。

 

 

営業で成果を出すには
「人のを本能の行動に合わせる」
だけです。

 

 

成約率が50%向上した

新規案件数が10倍に増えた

たった1か月で売上が4.6倍になった

 

 

上記の成果を導いたプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

あなたの売上に関する課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「イメージトレーニングの有効性」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー