自分のセンスがわかるビジネスモデルクイズ【資産編】

2018.04.26

 

今日は

「ビジネスモデル」

をテーマにしてみたいと思います。

 

 

まず

「ビジネスモデルクイズ」

です。

 

 

下記のビジネスの共通点は何でしょうか?

 

 

① 100円レンタカー

② 予約制駐車場

③ 1Week店舗

 

 

わかりますか?

 

 

正解は

「隠れた資産を活用したビジネスモデル」

です。

 

 

①100円のレンタカー

 

こちらは

「中古車販売会社」

が行っているビジネスです。

 

 

「中古車が利益を生む」

というのはどのタイミングでしょうか?

 

 

その車の

「販売が成立した時」

が利益のタイミングです。

 

 

ではそれまではどうでしょうか?

 

 

売れるまで

保管にかかるスペース

きれいにしておくメンテナンス

などのコストがかかります。

 

 

その期間に

「格安レンタカーサービス」

を行うことで、収益化したモデルです。

 

 

中古車なので

「走行距離のメーター」

もそこまで厳密ではありません。

 

 

むしろ

「定期的に動かす」

ということでエンジンの状態を保てます。

 

 

付帯事業なので

「そこまで利益にこだわる」

という必要もありません。

 

 

これにより

「価格競争力」

が生まれ100円という思い切ったビジネスモデルができたということです。

 

 

これまで

「コスト」

だったものを

 

「収益」

に変えた優れたビジネスモデルですね。

 

 

 

②「予約制駐車場」

 

こちらも同様です。

 

普段使っていない

「空地」

「軒先」

 

「イベント時の駐車場」

として貸し出しています。

 

 

車で移動する人の悩みの1つに

「駐車場探し」

があります。

 

 

特にイベント時では

「すぐに埋まってしまう」

ということがあります。

 

 

それが

「出発前に予約で確保」

出来ていれば安心です。

 

 

「何も使っていない場所」

を収益化したモデルです。

 

 

③「1Week店舗」

 

こちらで

「共通のビジネスモデル」

にお気づきいただいたかもしれません。

 

 

モデル自体は2番に似ていますね。

 

 

商店街などの

「空き店舗」

を一時的にテナントとして貸し出すビジネスです。

 

 

保証金

一定の家賃

こちらを投資してくれる

 

「物件の借り手」

を探すのは大変です。

 

 

一時的なものであれば

「借り手のハードル」

も下がります。

 

 

地方からの出店も見込め、営業対象が広がります。

 

 

最近では

「オフィスの空室」

も一時的に貸し出しをしているようです。

 

 

桜が見える部屋では

「屋内の花見スペース」

としてレンタルをしたりしているようです。

 

 

これからは

「花火大会」

の時に需要が伸びるのかもしれないですね。

 

 

このように

使っていない時間帯

使っていないスペース

使っていない曜日

展示だけしているもの

24時間使い続けていないもの

は周りにないでしょうか?

 

 

もしあれば

「ビジネスチャンスが眠っている」

かもしれません。

 

 

とは言え

「大事な商売道具を人に使わせる」

ということにもなるので

 

「選択するビジネス」

は慎重に選んだほうが良いかもしれないですね。

 

 

今日は

「ビジネスモデル」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー