表情分析入門 驚きと嫌悪の違い

2016.11.13

おはようございます。

レゾンデートル齋藤です。

 

今週末はいい天気が続きますね。

こんな日は自然と笑顔になれそうな気がします。

 

さて、笑顔以外のも人には様々な表情があります。

仲が良い人であれば、その表情から真意を察することもできることがあります。

 

しかし、初対面の人ではその表情が何を意味しているかが分かりにくいですよね。

好意なのか

嫌悪なのか

驚きなのか

 

例えばパーティなどで一人でいる人に声をかけてみるとします。

その時に必ず一瞬表情に変化があるはずです。

その変化でその人の感情が驚きなのか嫌悪なのかが読み取れるとのことです。

 

p.エクマン/W.V.フリーセンという学者の研究によると、驚きと嫌悪は表情から簡単に区別がつくとのことです。

 

 

【驚きの表情】

目を大きく見開く

眉があがる

口が開く

アゴが下方に下がる

 

【嫌悪の表情】

眉が下がる

下瞼が上がる

鼻にしわが寄る

上唇が上がる

 

とのことです。

 

このことから

相手が話したいけど話せないのか

話を拒絶しているか

がわかります

 

話したいけど話せない人と、会話のきっかけを作ることができて、その方の話をしっかり聞けば、良い関係になることは間違いないでしょう。

 

 レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

 

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー