まだ洗濯板で洗濯をしている??ビジネスの分岐点は良い頑固と悪い頑固

2020.04.10

 

今日は
「頑固な人」
というテーマに触れてみたいと思います。

 

<index>

①頑固な人はなぜ出来上がるのか?

頑固にも種類がある「良い頑固」と「悪い頑固」

③ では成功しない「悪い頑固」とは??

 

 

■頑固な人はなぜ出来上がるのか?

 

皆さんは
「頑固な人」
と聞いてどんな人を想像しますか?

 

 

・人の言うことを聞かない

・自分の考えを押し付ける

・こだわりが強すぎる

 

こんなイメージでしょうか?

 アニメに出てくるのはおじさんが多いですね(笑)

 

 

頑固というのはあまり
「良いイメージ」
でとらえられていないことが多い言葉です。

 

 

ちなみに頑固というのは
「〇〇は絶対にこうあるべき」
という強い信念と言い換えられます。

 

 

ビジネスにおいて
「頑固の心を育ててしまう理由」
があります。

 

 

それは
「環境」
が要因です。

 

 

いま私たちを取り巻く環境は
「一人一人にかかる仕事量が多い」
ことがあげられます。

 

そして常に
「スピード感をもってすぐに決めなければならない」
という環境にあります。

 

その結果、何が起きるでしょうか?

 

 

「一番やりやすいやり方」

「過去に上手くいったやり方」

これらを無意識に選択し続けることになります。

 

 

大事な意思決定を
「脳の自動システム」
で行うことになります。

 

 

こうすると
「ほとんど考えずに同じ選択をし続ける」
こととなります。

  

その結果
「頑固者」
が出来上がるということです。

 

 

 

■頑固にも種類がある「良い頑固」と「悪い頑固」

 

 

経営者や上司の方は
「部下から頑固」
だと思われていませんか?

 

 

また部下の方は自分の上司を
「頑固」
だと思いますか?

 

 

ただし
「頑固」
というのは単純に悪いわけではありません。

 

 「良い頑固」

「悪い頑固」

この2種類があります。

 

 言い換えると
「成功する頑固」
「成功しない頑固」
となります。

 

 

 では、その違いはどこにあるでしょうか?

 

 

成功する頑固は
「目標に対する頑固さ」
です。

 

 自身の目標に対して、下方修正や妥協をせずに
「絶対に達成する」
というのは成功する頑固です。

 

 

人気のビジネス寓話でも触れたテーマです。

【ビジネス寓話】カエルの登山 1匹だけ頂上にたどり着いた理由

 

 

この寓話の教訓はドリームキラーの言葉に耳を貸さずに
「目標に進んでいく」
というお話でした。

 

 

一方で
「成功しない頑固」
とはどんな頑固さでしょうか?

 

 

■では成功しない「悪い頑固」とは??

 

悪い頑固とは
「手段に対する頑固さ」
を持っている人です。

 

 

「こんなやり方もあるよ」
というアドバイスを受けても受け入れない人たちです。

 

自分のやり方へのこだわりが強く
 「他は受け付けない」
という人たちです。

 

 

これは
「ビジネストレーニングでも顕著」
に現れます。

 

 

私からは
「簡単に売上を向上させるやり方」
をお届けしていています。

 

しかし頑なに
「自分のやり方を変えない」
という選択をしてしまう人がいます。

 

 

残念ながらこういう人は中々伸びません。

 

研修中のフィードバックが
「スイッチを入れる」
モノから始めなければなりません。

 

 

一方で
「手段に対して柔軟で行動に移せる人」
というのは一気に伸びていきます。

 

こちらはフィードバックが
「すぐに活用できるやり方」
「自身の改善点」
にフォーカスできます。

 

 

同じ時間研修に参加している

同じ時間フィードバックを受けている

 

当然、その質は異なってしまいます。

 

 

悪い頑固の人は
「自分の間違った選択を後押しする情報」
を集めようとします。

 

これもまた無意識のうちにです。

 

そのためどんどん視野が狭くなる一方で
「自分は正しい」
と思い込みが強くなります。

 

 

私もトレーニングを通じて、6,000人以上のビジネスパーソンとお会いしてきました。

このことは例外なく当てはまります

 

 

皆さんはいかがでしょうか?

 

 

私から言わせれば
「いまだに洗濯板で洗濯をしている人間」
と映ります。

 

便利な洗濯機があるにもかかわらず
「洗濯板で服を洗う」
というこだわりを持ち続けますか?

 

 

服を綺麗にする目的は
「気持ちよく1日を過ごすため」
です。

 

目的にこだわれば
「より良い洗濯の方法」
を選ぶのではないでしょうか?

 

 

「行動科学に基づいた営業」
を実行すれば、お客様により多くの価値が届けられます。

 

にもかかわらず
「旧式のやり方」
にこだわる人がいるのは残念ですね。

 

 

■行動創造理論は脳のメカニズムを先回りする

 

私の提唱する「行動創造理論」は
このような脳のメカニズムに基づいた行動を体系化したものです。

 

  • 脳科学

  • 心理学

  • 行動科学

 

これらの数多くの研究や知見を「営業行動」
に体系的に落とし込んだ唯一の理論。

それを身につけ飛躍的に売上を伸ばすプログラムをご提供しています

 

  • 営業研修

  • マネージメント研修

  • 能力開発トレーニング

 

「売上に繋がる営業研修を実施したい」
「確実に営業力が上がる営業研修はないか」
と一度でも思ったことのある方は、ぜひ触れてもらいたいプログラムですね。

 

営業で成果を出すというのは
「人の行動を継続的に変化させる仕組み」
を本能の行動に合わせ考えてあげればよいだけです。

 

このようなプログラムにご興味をお持ちの方は、ご連絡をいただければと存じます。

ビジネスの課題をすべて解決できるようになるでしょう。

 

 

【ご連絡フォーム】

 

 

今日は「頑固な人」というテーマに触れてみました。

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー