飲み放題以外にもある「〇〇し放題」のビジネスモデルは?

2017.11.25

 

今日も引き続き

「〇〇し放題」

をテーマにしてみたいと思います。

 

 

  先日は

「飲み放題のビジネスモデル」

の解説をしました。

 

 

ではその他にどんな

「〇〇し放題」

というものがあるでしょうか?

 

 

飲み放題ときたら次は

「食べ放題」

が思いつくことでしょう。

 

焼肉やしゃぶしゃぶの

「食べ放題」

をよく見かけます。

 

 

これはどのようにして

「ビジネスが成り立っている」

のかご存知でしょうか?

 

 

飲食店のコストは

「食材原価と人件費」

があります。

 

 

食べ放題の焼肉は

「人件費を削減して実現」

しているビジネスモデルです。

 

 

焼肉やしゃぶしゃぶの

「調理」

とはどんなものでしょうか?

 

肉を切る

肉を焼く/ゆでる

これだけです。

 

「調理の手間」

がほとんどありません。

 

このため

「調理人が不要」

となります。

 

このため

「人件費を大きく削減できる」

ということです。

 

ですから

「食べ放題」

にして顧客にサービスをしても利益が出るという仕組みです。

 

 

 

この

「〇〇し放題」

というビジネスはサービスの分野でも広がっています。

 

 

携帯電話では

「通話し放題」

 

インターネット上では

音楽聞き放題

映画見放題

書籍読み放題

こんなサービスが人気になっています。

 

 

これらは初期投資がかかりますが

「変動費」

はほとんどかからないサービスです。

 

初期投資に対してどれだけ

「顧客を獲得できたか」

がビジネスの肝になってきます。

 

また顧客にとって

「〇〇し放題サービス」

は基本1社のサービスで事足りるので、

 

「顧客の争奪戦」

となります。

 

一定の顧客を獲得したら

「囲い込み戦略」

にステージを移すことになります。

 

 

飲食

通信サービス

コンテンツサービス

これらの業界では定番化してきました。

 

そして今後はさらに

「〇〇し放題」

の範囲は広がってくると思います。

 

 

既に登場しているのは

「アパレルの借り放題」

です。

 

バッグやアクセサリー

ネクタイ

スーツやコート

これらを定額料金で借り放題のサービスが定着しつつあります。

 

モノも

「〇〇し放題」

ということになってきたということです。

 

 

飲み放題

食べ放題

というのは今では当たり前になりました。

 

ただはじめは

「無謀なチャレンジ」

だと思われていたはずです。

 

それを

顧客サービスの向上

オペレーションの効率化

 

これらを徹底的に考え

「優れたビジネスモデル」

を確立しました。

 

そして現在では、様々な企業で取り組まれるようになりました。

 

 

物流や通信などの

「様々なコスト」

が削減されたことも後押しをしたと思います。

 

今後新しいテクノロジーによって

「さらにコストが削減される」

ということは分かり切った未来です。

 

 

人間の仕事までも奪う反面

「新しいビジネスモデルを生み出すチャンス」

であることは間違いありません。

 

 

今後の新規ビジネスの指針の1つとして

「〇〇し放題」

というビジネスモデルを考えてみるのも良いのではないでしょうか?

 

皆さんのビジネスで

「〇〇し放題」

とするにはどうしたらよいでしょうか?

 

 

今日は

「〇〇し放題」

というテーマに触れてみました。

 

レゾンデートル株式会社 ~行動創造理論~

齋藤

著者

行動創造理論第一人者
レゾンデートル株式会社代表取締役
齋藤英人

自らが開発した「行動創造理論」を活用し企業研修、公開講座、ビジネス講演など年間100回以上登壇をしており、大手企業や成長企業を中心に営業力向上と売上拡大に力を注いでいる

記事カテゴリー